国民民主党 東京第14区総支部長

伊藤なな

伊藤なな

電力の安定供給を私が守る

伊藤なな

伊藤ななからのメッセージ

「電力の安定供給をわたしが守る」

私は10年近く、エネルギーに関する仕事をしてきました。
日本の電力事情は、今、危機を迎えています。
化石燃料を輸入に頼っていることで、海外の事情によって電気代が上がり、安定しません。
世界的な脱炭素の流れから再エネが増えたことで、電気を安定的に送る仕組みが複雑化しています。
電気がないと生活もできず、経済活動もできません。
先人たちの気づいてくれた幸せな日本を守りたい。
もう一度、日本で産業が発達し、経済が豊かになる土俵を作りたい。
その為に電力業界を良くしたい、もっと知ってほしいという想いで発信も続けてきました。
しかし、情報を知ってもらうだけでは、状況は良くはなりません。
電力が安定的に、安価に、心配なく供給されるからこそ、日本の生活や経済活動を守ることができます。
エネルギーの現場をずっと見てきた私だから、やらなければいけないことがあります。
日本を好転させるには、今、はじめなければなりません。
電力の安定供給をわたしが守る!

電気代高騰とエネルギー政策について

日本の電気代が約1.5倍に高騰し、家庭や企業の負担が増大しています。この状況を改善するためには、エネルギー供給構造の見直しと制度の適正化が必要です。エネルギー自給率の向上や再エネ賦課金の廃止が急務であり、容量市場などの新制度も国民負担を減らす必要があります。

なぜ今、エネルギーが重要なのか

経済成長には大量の電力が必要であり、人口減少を補うためのAIやデジタル技術の活用が進む中で、2050年には現在の1.3倍の電力が必要になるとされています。エネルギー問題は経済成長と生活コスト削減のために最優先課題です。

プロフィール

伊藤なな
伊藤なな

1989年埼玉県生まれ。 上智大学経済学部経営学科卒業。
在学中にバックパッカーとして世界各地を旅する。
再生可能エネルギー関連会社に入社し、 電力全面自由化に伴い小売り電気事業者の立ち上げに関わる。
2019年より独立開業。
電力事業の立ち上げから、運営や広報の支援業務を行う。
加えて、地域のカーボンニュートラル推進のため、ZEH住宅、マイクログリッドのプロジェクトに参画。
2020年より 電力業界の広報・啓発活動のため、Youtubeを開始。
業界をわかりやすく!楽しく解説した「電気予報士なな子のおでんき予報」チャンネルは1万3千人の視聴者。
これまで、電力会社などの企業での講演、学校での出前授業、展示会・イベントでの登壇を行う。
2024年に 『電気予報士なな子のおでんき予報』を出版。
「電気料金」「電力システム」「カーボンニュートラル」を解説した同書はAmazon1位を獲得、
第二種電気工事士、電験三種(電気主任技術者)を保有。
現在は一人前の技術者となるべく、定期点検をしながら実務経験を積む。
  • 一般社団法人ZEH推進協議会公式アンバサダー
  • 株式会社たけでん公式プロモーションキャラクター
  • RAUL株式会社エグゼクティブアドバイザー

伊藤ななの7個のコミット

1

エネルギー自給率のアップ

日本のエネルギー自給率は13.3%。海外依存が高いことで、海外情勢によってエネルギー価格が高騰する上に、輸入できなくなると停電が起こる恐れがあります。国防の観点からも、早急に海外への依存度を減らす為、現段階においては原子力の再稼働、再エネの有効活用。将来においてはより安全性の高い、脱炭素電源の開発を行う必要があります。

2

脱炭素への移行と安定供給の両立

日本を含む世界の多くの国々で2050年カーボンニュートラル達成を目指しています。日本は化石燃料依存度が高く、化石燃料を燃やすことで温室効果ガスは出ますので、エネルギー構造を変えていかなくてはなりません。しかし、今の日本の電力を支えている火力発電を急激になくすのではなく、安定供給や経済性も保っていきながら脱炭素へ移行していくことが大事です。その為に、火力、原子力、再エネのベストエネルギーミックスを実現します。化石燃料に変わる水素、アンモニアの開発、今より安全な原子力を活用した新型革新炉、気候に変動される再エネの最大限活用のために電力使用を効率化するデマンドレスポンスの推進を行います

3

先進技術を日本から、国産を守る

世界的な脱炭素の流れから、化石燃料に変わる水素やアンモニアの活用。今の原子力発電よりも安全な新型革新炉や核融合技術の実用化。また2030年代には太陽光パネルの廃棄量が大幅に増えることに伴うリサイクル技術の確立など。日本ではまだ実用していない技術があります。太陽光パネルの普及では、技術では先行していたものの、普及やビジネスの観点で海外製に負けてしまいました。過去の失敗から学び、世界に先立ち実用化することでメイドインジャパンを確立します。

4

技術人材、エッセンシャルワーカーの育成

日本の少子高齢化に伴う人口減は避けられません。新技術を育てる技術人材、現場職に従事する方の人材不足は深刻です。労働人口が減る中でも経済活動を発展させていくためには、一人当たりの生産性を上げる必要があります。新技術の開発に携わる技術職の方、インフラや生活を守るエッセンシャルワーカーの方の育成や、大人のリスキリングを支援をします。

5

省エネ推進

省エネとは、不快を受け入れて我慢するものではありません。住宅や建物の断熱性を上げ、高効率の機器導入を促します。使用する電力を減らし、エネルギーマネジメントシステムによって、経済的かつ快適に過ごせる体制を作ります。

6

エネルギーから防災を

災害が多い日本。それを受け入れ、適切な対策を行っていくことが必要です。全国の避難所や学校、病院には、太陽光と蓄電池を設置し、通常時の脱炭素電源の供給と、災害時には停電しない体制を作ります。電力データを活用し、災害時の復旧の最適化を図ります。日本全国で災害復旧を迅速に行える体制を作ります。

7

サイバーセキュリティ向上

インフラの遠隔監視などIT技術で便利になった一方、ネットワークを通じて外部から制御されてしまうサイバーテロのリスクも増えました。国を守るための、エネルギーインフラに関するセキュリティレベルを向上させます。

Youtubeチャンネル


電気予報士 なな子のおでんき予報


執筆・寄稿実績


著書

電気予報士なな子のおでんき予報

電気予報士なな子のおでんき予報

寄稿

  • 電気業界の就職支援サイト『Watt Magazine』 公認ライター

    https://www.watt-mag.jp/

  • オーム社 月刊誌「新電気」連載
  • 雑誌「エネルギーフォーラム」 2024年5月論点再エネ賦課金 寄稿
  • エネ百科 2023年4月寄稿

    「電気のことをわかりやすく発信!電気予報士なな子さんに聞いてみた」

登壇実績

  • 東京パワーテクノロジー 「TPT環境ビジョン2050」周知セミナーにて講演
  • 電気安全関東委員会 「安定供給と脱炭素の達成に必要な人や安全を守る仕組み」講演
  • 工務店へのスマートハウスに関するセミナー
  • 広島大学にて脱炭素に関するセミナー
党員サポーター募集中!

伊藤ななの活動を応援していただく方を世界中のみなさんから募集しております。伊藤ななの理念と政策に賛同する方の支援をお待ちしています。あなたのお力をぜひ、お貸しください。

伊藤ななニュースレター

伊藤ななの活動についてLINEを通して報告させていただきます。
フォローお願いいたします。

サポーターLINE
ニュースレターに登録する